MENU
他の求人を見る

タクシードライバーの給料形態

[A型賃金] 固定給+歩合給+賞与

「基本給」や家族手当、住宅手当などの「手当」などの固定給+歩合という形態です。
給料の内訳明細に固定給の部分があり安定的な給料体系で 固定給に加え、「歩合給」も加えて支給されます。
歩合給の部分が頑張りどころですが、固定給が大きい分、「B型賃金」「AB型賃金」に比べて歩合率が低く設定されています。
都内のタクシー会社ではほとんど見なくなりました。

 

 

 

[B型賃金] 完全歩合

「A型賃金」に比べて歩合率が高く、自分が稼いだら稼いだだけ自分の取り分が大きく上昇する給料体系。
「A型賃金」や「AB型賃金」のようにボーナス(実際は毎月の給料からのプール金)という制度が無く、計算式も「月間営業収入」×「歩合率」とシンプルでわかりやすいものになっています。
タクシーの、「頑張ったら頑張っただけ自分の収入になる」という部分をもっとも強く反映している給料体系です。
それだけに、高給も狙うことができますが、やり方によっては月収が不安定になることも考えられます。

 

 

 

AB型賃金

道路交通法の規定により、第二種免許の取得資格が21歳以上ため、タクシー乗務員の年齢も21歳以上となる。
定年は各タクシー会社の定める年齢となり、通常は60歳前後だが、70歳迄雇用するタクシー会社もある。
定年後は、定時制として年金をもらいながら乗務するケースもあるが、通常の隔日勤務で最大13乗務に対して 8乗務に制限される。